保育士ってどんなお仕事?保育士ならではのエピソード!

保育士って子どもと遊ぶだけじゃないの?

子どものことが大好きでとっても優しくて、包容力のあるイメージの保育士という仕事。子どもとずっと一緒に遊んでるイメージが強いと思うんですが、実は子どもと遊んでいるだけではないんです!保育士は子どもと遊ぶ中でも、この遊びだとこの部分が発達するな、成長するな、などを考えながら遊びを展開しているのです。つまり、ただ闇雲に子どもたちと遊んでいるわけではないので意外に頭を使う保育士の仕事。常に遊びの中に学びを取り入れていけるようにしています。

実は体力勝負!子ども達に負けないパワーで

意外に体力がいるのがこの保育士の仕事。一見穏やかに見えるのですが、実は保育士の人って意外に筋肉がムキムキだったり力があったりするもの・・・子どもが泣いたら抱っこをしたり、女の人が多いので力仕事も自分達で、何十人もの子ども達に向けて声を発さなければいけないので腹筋を使って大声で、など保育士って本当に体力のいる仕事なんです。朝から晩まで元気一杯の子ども達の相手をするには保育士のほうも負けないぐらいのパワフルさでいかないといけないですね!

とっても大変なお仕事。でも、それ以上に素敵

保育士は子どもと遊ぶだけではなく、事務作業や書類、製作物などしなくてはならないことも沢山あります。そして、子ども一人ひとりの命を預かるとっても大変なお仕事です。でも、保育士ってその大変さ以上に素敵なお仕事なんですよ!どんなに大変でもキラキラとまぶしい笑顔で子ども達が駆け寄ってきてくれたり、子ども達の日々の成長が間近で見れて、その大切な時期に関わっていけたりこんなに日々癒される仕事に携われると自慢ですよね。

保育士の求人を大阪で探すのは容易です。保育所の数が増えていて、たくさんの保育士が求められているからです。