マンスリーマンションを利用するメリットは?

「泊まる」と「住む」の違い

長期の出張や、受験や就活などの一時的な滞在場所としてマンスリーマンションは使われています。利用客の利便性を考慮して駅の近くなどに物件が多いこともマンスリーマンションの特徴です。家具や家電が備え付けなのでカバンひとつで入居できることが魅力のひとつです。ビジネスホテルなどに宿泊する方法もありますが、マンスリーマンションは「泊まる」というより「住む」という感覚です。一時的ではあっても通勤・通学をしながら自宅で寛ぐことができます。

コストパフォーマンスの良さ

マンスリーマンションは滞在期間によって、賃貸マンションやビジネスホテルと比較するとコストパフォーマンスが良いことがメリットにあげられます。契約の条件は業者によって違いますが、多くの場合は敷金・礼金や仲介手数料がいらず水道光熱費が家賃に含まれています。また、通常の賃貸マンションの契約に必要な入居時の保証人もいらず、手続きがスムーズで手軽に入居できるということもマンスリーマンションが利用されている人気の理由です。

どんな人が利用しているのか?

長期の出張や研修、家の建て替えなどの仮住まい、受験時や就活時の一時的な滞在など利用する期間が決まっている方が利用していることが多いです。ホテルよりは部屋も広く門限もなく、短期間の契約が難しい賃貸マンションなどと比較すると、大がかりな引越しをしなくても良いマンスリーマンションは利用する価値はあります。短期間の住まいをお探しの方はマンスリーマンションも視野にいれて検討してみてはいかがでしょうか?不動産会社によって物件や契約の条件の違いがありますので利用する際は事前に問い合わせてみることをおすすめします。

外国人観光客の増加によりホテルの予約が取りづらくなっています。マンスリーマンションを賢く利用することが重要です。