大変だけどやりがいのある子育ての現実とは

常識にとらわれない環境づくり

子育てといえば、何かと大変なことが多いものですが、やりがいのあることです。高齢化社会の進行が何かと話題を集める中、同時に少子化や生産労働人口の減少傾向などといった事態につながるなど、日本の将来を不安視する声が日に日に増しています。子供に寄せる期待は自然と大きくなります。今までの常識からすれば、子育てをするのは、女性の役割といった見方が大勢を占めていました。しかしながら、時代の流れとともに男性の子育て参加がクローズアップされています。

女性の活用に注目する

女性が光り輝く社会の実現やライフワークバランス、介護離職ゼロなどといった国家主導での取り組みが何かと話題を集めています。これらは、女性の労働力に期待を寄せていることのあらわれといえるでしょう。学校卒業後、会社員などとして就職するものの、結婚や妊娠、出産を契機にして退職してしまう人も多いのが現実です。その後、子育てが一段落してから、パートタイマーなどとして社会に復帰する女性が多くいますが、そのあり方に着目しているのです。

世界を見渡してみれば

女性が男性と同じように、社会の一員として活躍することへの期待感が高まる中、既に世界においては、国家のトップを務める女性をはじめ、要職につく女性も多くなっています。そんな中において、世界第三位の経済大国といわれる日本のあり方が問われているのです。企業や自治体、政界などにおける女性の数自体がまだまだ少ないとされています。とりわけ、要職を担う女性の割合も他の先進国よりも格段に低いとされているのです。これからの姿に期待したいところです。

主婦のパートでは子供や夫など家族が出ている間に効率良く稼ぎたいという人が多く、平日のお昼の11時頃から14時あたりの時間帯が最も人気です。